HOME > 製品情報

製品情報

積層ブロー成形とは?

複数の機能性樹脂を積層にすることにより、あらゆる内容物の劣化を防止する技術です。

プラスチックには様々な種類があり、水に強いもの、油に強いもの、酸に強 いもの、アルカリに強いもの、酸素を透過しないもの、低温でも割れにくい もの、高温でも溶けないものなど、それぞれ異なる特性があります。 これらの機能性樹脂を積層にすることにより、内容物に合わせた耐薬品性 と内容物の劣化防止を実現しています。 この技術を応用することにより、リサイクル材・バイオマス素材・生分解性 プラスチックを使用した安全性の高いボトルを作ることができます。

バイオマスボトル

環境にやさしいバイオマスボトル

バイオマスボトルは、石油などの化石資源の使用量削減、
大気中のCO2増加による地球温暖化の抑制に貢献する、
新世代のプラスチックボトルです。

循環型社会実現のために、化石資源に代わるものとして期待されている、バイオマス素材を使用したボトルです。積層構造によって耐薬品性・水蒸気バリア性・ガスバリア性などを向上させることが可能です。

ボトルの設計

植物由来プラスチックの殆どは水分のバリア性が低いため、ボトルの素材には適していませんでした。その問題を解決したのがポリオレフィン樹脂との積層構造です。植物由来のプラスチックに水分バリア性の高いポリオレフィン樹脂を重ねることで、ボトルとして要求される水蒸気バリア性、耐薬品性、落下強度、スクイ-ズ性、耐久性、耐候性を高い次元で実現しています。

ボトルの設計

カーボンニュートラル

非食用のお米由来の樹脂、トウモロコシやサトウキビ等から作られるバイオマスプラスチックを主原料として使用しています。植物由来のポリ乳酸(50%以上)を使用するため、石油由来プラスチックの使用量を60~70%削減し、焼却・分解時における大気中のCO2増加を抑制することで環境負荷を低減することができます。

カーボンニュートラル

お米由来

トウモロコシ由来

サトウキビ由来

リサイクルボトル

リサイクルボトル

回収されたプラスチックごみを、リサイクル材として活用したボトルです。
リサイクル材をバージン材でラミネートすることで高い安全性と保存性能を兼ね備えています。

生分解性プラスチックボトル

生分解性プラスチックボトル

100%生分解性プラスチックを使用しています。
複数の生分解性プラスチックを積層することにより、耐薬品性やバリア性などの保存性能を
高めています。製品の用途に合わせて、柔軟性や分解速度を変更することも可能です。

TOPへ